【知らないと損する】有料自習室の価値

「有料自習室を検討しているが、月1万円も払う価値ある?」

このようなことをお考えの方へ向けた記事です。

結論から言うと、月1万円の価値は十分にあります

有料自習室に月1万円の価値がある理由

「勉強なんて、強い意志があればどこでも出来るのに月1万円も払う価値ないよ」と考えるかもしれません。

確かに、勉強はどこでもできます。

しかし、ここで強い意志が必要というところがポイントです。

家にはテレビやゲームなどの誘惑がたくさんあります。

そして、この誘惑に勝つために、強い意志が必要となります。

実は、この強い意志に多くのエネルギーを消費していて、勉強に使うエネルギーが減ってしまっています。

POINT

自宅の勉強では、誘惑に勝つためにエネルギーを使っている。

有料自習室では、誘惑そのものが無い。

 

 

有料自習室は精神と時の部屋である

有料自習室は誘惑に勝つためにエネルギーを使いません。

なので、全エネルギーを勉強に注ぐことが出来ます。

そうすると、少ない時間で多く学習が可能です。

ドラゴンボールでいうと、精神と時の部屋にいる感覚でしょうか。

私はよく、試験前に「精神と時の部屋があったらなぁ」と考えたことがあります。

精神と時の部屋に月1万円で入れるとしたら、どうでしょうか。

私なら迷わず入ります。

POINT

有料自習室は、精神と時の部屋である。

(1ヶ月で1年分の勉強ができる!)

 

 

有料自習室を使わないことによる見えない損失

ここで、見えない損失というのは、「時間を失っている」ということです。

 

私も、1万円を節約するために、有料自習室を使わないで自宅で頑張ろうとしたことがあります。

最初は集中できましたが、気が付けばベッドで寝ていたり、テレビを見ていたりしました。

これは、時間の浪費以外なにものでもありません。

月1万円の節約はできましたが、その代りに1カ月の時間を浪費してしまいました。

1万円は1日バイトすれば取り戻すことが出来ますが、1ヶ月という時間は取り戻すことは出来ません。

「自習室を使わず、1万円節約する」というよりは、「1日バイトして、残りの29日間を自習室で勉強する」というやり方の方が、時間的効率が高いです。

POINT

自宅で、ダラダラ過ごすのは人生の無駄遣い。

有料自習室では、ダラダラ(人生の無駄遣い)できない。

 

 

有料自習室の効果的活用法

勉強は毎日継続してこそ効果があるものです。

毎日継続するためには、習慣化が必要です。

習慣化は強い意志だけでは不可能です。

「毎日、朝7時に自習室に行く」

「毎日、自習室で3時間勉強する」

などといった、ルールを決めて実行することで、習慣化することが出来ます。

POINT

有料自習室は、習慣化のために利用しよう!